Adsense
PROFILE
「tenu」のご案内

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
メールはこちら
「tenu」のご案内
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
手持ちの手ぬぐいを自慢します
犬筥

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
お正月休みはゆっくり休ませていただきました。
おかげさまで、年末押し迫って納品された、
鉄塔手ぬぐいときんもくせい手ぬぐいも完売しました。
tenuは1〜3号まで販売しております。

2014年は、サントリー美術館の犬筥手ぬぐいでスタートしましょう。
注染で、東京和晒さんで作られたようです。
この朱色、お正月って言うより、ひな祭りって感じがしてきた。
ま、いっか。
| 手ぬぐい紹介 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
利島の手ぬぐい
利島

利島と書いて、としまと呼びます。
伊豆大島の斜め下にある丸い島です。
丸すぎてすぐ船が欠航するそうです。
利島に住む友人からいただきました。
人口300人くらいらしいので、ここでその人と私の関係を軽く書くだけで特定されんじゃないかと心配になります。人に言えないような関係ではないが。

利島も大島も東京都ですが、一番近いのは静岡県(伊豆半島)です。
テレビも東京のと静岡の両方映るそうです。
大島へは熱海から船で45分で行けます。日帰り可能。

利島は、椿油の生産量が全国一なのだそうです。
椿油と言えば大島の方が有名ですが、実は利島がナンバーワン!
島全体が椿油にじゃなかった、椿の木に覆われているそうです。
行ってみたいねー。
ありがとー。


| 手ぬぐい紹介 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
緑沼と藻沼
緑沼

てぬログのユミさんが作られた「沼手ぬぐい」の緑バージョンです。
沼てぬぐい(=沼てぬ)は、ユミさんが大好きなものを、大好きな手ぬぐいで表現したそうです。以前に青バージョンを作られてましたが、好きな緑で再度作られたとのこと。
手ぬぐいは型紙があるので、色を変えるのが簡単なんですよねー。

とは言うものの、この「緑沼」が完成するまでにはものすごい苦労があったそうです。
緑というのは注染では難しい色なんだそうですが、理想の色がなかなか出なくて、何度か染め直してもらったそうです!!


藻沼
こちらが、なんだか違う色になっちゃった方。
「絶望の藻沼」と呼ばれています(笑)
こうやって比べると、微妙な違いのようで、結構印象が違います。
注染は一発勝負で、印刷みたいに色校正も出来ないので、こういうことはわりとあるのだそうです。

緑沼はさわやかな季節に、藻沼は寒くなるこれからにいいかも〜。

ユミさん、ありがとうございます!!
ユミさんは、これに懲りずにまたオリジナル手ぬぐいを作ってますよ。
詳しくはブログへGO
早くしないと売り切れちゃうよ!
| 手ぬぐい紹介 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
zucuの手ぬぐい
zucu しかく 水色×薄紫 zucu まめとふち 紺 zucu ダイヤ アクア zucuほそかわ

シンプルかわいいこの手ぬぐいたちは、zucuの手ぬぐいです。
去年の秋から手ぬぐい作家として活動をはじめられた方(手拭実染塾出身!)なのですが、この夏手ぬぐいファンの間で大流行しました!
使いやすい抽象柄に、注染の特徴を生かした染め。
きれいな色がとっても素敵。
(私が買ったのが青緑系ばっかりなのは、ただの趣味ですが、ラインナップもさわやかな色が多いです)

柄の名前は、上から
しかく
まめとふち
ダイヤ
ほそかわ

シンプル!

バスケットに掛けて、ピクニックに行きたくなります。


zucuの手ぬぐいもごてんばアートクラフトフェアで購入しました。
| 手ぬぐい紹介 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
浜松注染2 喜多屋商店
kita-yaみかん Kita-ya宝づくし

ごてんばアートクラフトフェアで出会った浜松注染の作家さんその2は、喜多屋商店さんです。
実は、アートクラフトフェアの少し前に、左のみかんを浜松の和布を通信販売している
ぬくもり工房さんで購入していたので、「あっ!こんなところで!」でした。
染めてらっしゃる作家さんにお会いできて嬉しく。
会場では、右の宝づくしを購入しました。
こちら、生地が普通の晒ではありません。
「しぼ」のある紬のような織物になっていて、風合いがあります。
柄も色合わせもかっこいい!
| 手ぬぐい紹介 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
浜松注染その1 ALNICO INDIGO
ALNICO INDIGO ブロック

ALNICO INDIGO 魚

先日行われた、ごてんばアートクラフトフェアに行って、手ぬぐいを買ってきました!
静岡県内での開催とあって、浜松注染の職人さんが、自分のレーベルで作っている手ぬぐいが3店舗(多分)出店していました。

そのうちのひとつ、ALNICO INDIGO(アルニコインディゴ)さんの手ぬぐいです。
ブロックと魚、どちらも男の子の洋服の柄みたいでかわいいなー。
というのはやはり、息子さんの影響?↓


魚の手ぬぐいは、抜染でグラデーションなのかしら?
よく見ると、青海波とか麻の葉とか、伝統文様が隠れてるのに
色使いのせいか、和過ぎなくっていいね!

いろんな有名ブランドの手ぬぐいについて、
「あー、その手ぬぐい染めたの自分だよー」って言ってました。

地元リスペクト!
熱いぜ浜松注染!

| 手ぬぐい紹介 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
富岡製糸場手ぬぐい作っちゃいました!
富岡製糸場 上野保子

本日(9/19)は中秋の名月ですね。
tenuの2号にも書きましたが、今年は満月です。
(満月じゃない年の方が多いです)
私の住んでいる地域は天気もよさそう。
台風が秋を運んでくれて、最近心地よい陽気ですね。

写真の手ぬぐいは、群馬県の富岡製糸場手ぬぐいです。
地元の切り絵作家の上野保子さんがデザインされて、地元の中村染工場さんが染められた、純群馬産注染手ぬぐいです。

実はこの手ぬぐい、上野保子さんのお嬢さんの、上野瑞香さんに教えてもらっていただきました。
地元の宝・富岡製糸場の手ぬぐいがない!ないなら作っちゃえ!と企画されたそうです!
すごい!
全3色、他の色は、水色と黄緑色です。
切絵の雰囲気と、工場のレトロモダンな雰囲気がぴったりで、趣のある手ぬぐいです。
この手ぬぐいは、富岡市のお富ちゃん家、交流館、市の美術博物館などで購入できるとのこと。

また、日本画家である瑞香さんも蟻をテーマにした注染手ぬぐいを作ってらっしゃって、こちらは高崎市タワー美術館、群馬県立館林美術館で購入できるそうです。
瑞香さんにいただいた手ぬぐいの写真を載せさせていただきますね。
群馬の手ぬぐい、要チェックです!
| 手ぬぐい紹介 | 09:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
三島の手ぬぐい、三嶋柄
三嶋柄全体

我が街、静岡県三島市のオリジナル手ぬぐい「三嶋柄」です。
三島商工会議所が販売しています。
3色あります。
せっかくなので、全部買ってきました。1枚500円。
お手頃価格!

「三嶋柄」については、こちらをご覧ください。
ざっくり言うと、三島でその昔、暦を作ってたんですよ。
かつて(江戸時代初期)は、江戸幕府でも使っていたくらい、広い範囲で使われていました。

で、陶器に「三島手」と呼ばれるものがあるんですが、これは李朝初期(15〜16世紀)の朝鮮から来た細かい模様が並んだ焼き物が、三島暦っぽいよね!ってことで、この手の焼き物を三島手、三島茶碗と呼ぶようになりました。
詳しくはこちら

その歴史をふまえて、新しい三島の模様を作りましょう、と商工会議所青年部から生まれたのが三嶋柄で、この手ぬぐいはそれを利用して作られた手ぬぐいです。
染めは、三島市内にある染物店「遠州屋染店」による注染です。
ちなみにこちらの4代目は、tenu vol.2で特集した東京一之江の村井染工場で修行しているそうですよ!

三嶋柄UP

柄のアップ。
上から 波文(三島茶碗より)
三嶋大社(オリジナル)
波文(三島茶碗より)
華文(三島茶碗より)
しゃぎり(オリジナル)
花文(三島茶碗より)だそうです。

三嶋柄には他にも、富士山やかわせみ、ホタル、三四呂(みよろ)、うなぎなど、三島にちなんだ文様が新しく考えだされたようです。
(三四呂って野口三四郎(故人)という三島の作家によるすごくかわいい人形なのですが、マニアックだな)

今のところ、いつでも買えるのは三島商工会議所のみだそうです。
三島駅南口から徒歩5分です。
すごくがんばれば、新幹線の待ち時間とかでも買えるかもしれない。
商工会議所さん、是非お土産屋さんなど、買いやすいところに置いてください!!
| 手ぬぐい紹介 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
沖縄からやってきたOJINO
OJINO 漁具

実は、高円寺書林の展示で、一番気になってたのが、
この沖縄のOJINOの手ぬぐいです。
沖縄の海と、海とともに生きる生活を守る活動をしている、
NPO法人のINO(イーノ)が、沖縄の元漁師のオジーたちと作った手ぬぐいです。
海が荒れた日に、漁具をシルクスクリーン(かな?)に持ち替えて
オジーが刷ってくれた手ぬぐいだそうです。

これは、素潜りで魚を捕っていた時代の漁具の柄。
他にも、裸で魚を突いてる柄もあります。
沖縄らしいおおらかさ、男らしさがとても好きです!
注染ではないのだけど、生地の色合いがはじめからこなれてていいんだよなー。
こちらで通販できますよ。
| 手ぬぐい紹介 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
インコ×手ぬぐい
pano巣穴
panoさんの手ぬぐいは、全部インコ柄です。
これは、セキセイインコが巣穴から顔をのぞかせている新作です。
他にも、オカメインコとか、ボタンインコとか、インコにこだわった手ぬぐいが!
こう、手でもふっとつかみたくなるようなかわいらしさ!
こちらも、高円寺書林さんで購入しました。
| 手ぬぐい紹介 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |